MENU
  1. TOP
  2. Alibaba JAPAN PRESS
  3. 従業員研修に使える、法人向けeラーニング6選
  • 2020.05.11

従業員研修に使える、法人向けeラーニング6選

従業員研修に使える、法人向けeラーニング6選

新型コロナウイルスの影響により、2020年4月の入社式や新入社員研修を取りやめざるを得なかった…という企業は少なくないでしょう。
また感染症の感染拡大防止の観点から、4月以降も「密閉空間、密集場所、密接場面」の「三つの密」を回避するため、大人数で行う研修や会議の開催は避けざるを得ない状況が続いています。

感染症の流行が沈静化するまでの間は、新入社員研修や中堅社員向けの階層別研修など、大勢が一箇所に集まって行う集合研修を従来通りの形式で開催することは、リスクが高いといえるでしょう。

では、感染拡大のリスクを低減しつつ、従業員向けのトレーニングを実施するには、どのような方策が考えられるでしょうか?
本記事では、「既存の研修をアレンジする方法」「オンライン研修(eラーニング)を活用する方法」の2つのアプローチをご紹介します。

飛沫感染を防ぐために-非リモート研修の開催方法を変更する

新型コロナウイルス感染防止の観点から、従来の集合研修をアレンジして実施するには、いくつかの方法があります。
最もシンプルな解決手段は、リモートには切り替えずに、研修の人口密度だけを変更するという物理的な方法です。

研修の開催場所を変更し、広い会場で開催することができれば、参加者同士の間隔を十分確保でき「密集」を防ぐことができます。
また、研修の参加人数を小分けにするという方法も考えられます。複数回開催としたり、ディスプレイを使って講義内容を複数の部屋に放映したりするなどし、一回一会場あたりの参加人数を減らせば「密集」は避けられます。

ただし、物理的な方法で解決を図る際にあたっては、

・研修会場を確保する
・受講者と講師のスケジュールを確保する

といった調整が必要となってきます。

そこで今、注目されているのが、遠隔環境で研修や学習を行うことができるサービスです。
オンラインでこのようなサービスを提供している企業は、教育とテクノロジーを掛け合わせて「エドテック(EdTech)」企業と呼ばれています。

リモート勤務中に活用できる、法人向けのオンライン研修

従業員研修に使える、法人向けeラーニング6選

オンラインでのトレーニング(eラーニング)を提供するサービスは、企業・団体向けのものと個人向けのものに大別することができます。
企業・団体向けのサービスでは、個人向けの学習コンテンツに加えて、管理者のための受講進捗管理ツールや、アカウント管理機能などが提供されています。
2020年現在、多くのEdTech企業がオンライン研修・トレーニングプログラムを提供しています。これらの中から、自社に合ったコンテンツを提供しているサービスを選定しましょう。

コンテンツに関しては、自学中心となる講義タイプのものと、相互のコミュニケーションを含むタイプのものがあります。講義タイプのものは、場所や時間を選ばずに受講者がトレーニングを受けることができます。コミュニケーションを含むタイプのうち、チャットやライブでの講義参加などを含むトレーニングの場合は、講義の開催時間などに制約が発生することに注意が必要です。

法人向けのeラーニングサービスを提供している企業の一部を、以下に挙げてまいります。

サービス名:Schoo(スクー)法人向けサービス

URL:https://schoo.jp/biz/
運営企業名:株式会社Schoo(スクー)

社員研修・人材育成向けの定額制オンライン学習サービスです。Schooでは、4,500本の授業を、1人(1ID)1,500円で受け放題となっている点が魅力です。
用意された講義を受けるだけではなく、自社オリジナルの研修を作成することも可能となっています。受講時間や受講したコンテンツの内容といった、社員の受講状況を把握するための機能も用意されています。新入社員向けだけではなく、中堅社員向け/管理職向け、営業職向け/マーケター向けなど、階層別・職種別の研修カリキュラムも充実しています。

サービス名:Progate 法人プラン

URL:https://prog-8.com/business
運営企業名:株式会社Progate

Progate(プロゲート)は日本発のサービスで、世界10カ国以上で129万人に使われているプログラミング学習サービスです。
初心者向けのオンラインプログラミング学習コンテンツを中心に、プログラミング学習に必要なツール・スライド教材・演習問題がブラウザ上に用意されています。
法人プランでは、受講者の進捗状況を把握するための管理画面が用意されています。演習問題の進捗率をもとに、スキルレベルが異なる受講者のフォローを行うことが可能です。

サービス名:Udemy for Business

URL:https://ufb.benesse.co.jp/
運営企業名:Udemy Inc.

Udemy(ユーデミー)は米国の教育サービス企業です。トルコ出身の創業者がインターネット上の教材を使い、国際数学オリンピックで銀メダルを獲得したという経験から、このオンライン学習サービスが立ち上げられました。
13万ある個人向けのコンテンツは、主に英語のものが中心となっており、日本語で学ぶことができる教材の数はまだ多くはありません。法人向けサービスでは4,000の講座を学び放題となっています。進捗管理機能を使えば、受講者の学習の達成度合いやアクティビティの状況を把握できます。自社専用の講座をアップロードして社内用のオリジナル講座を開設することも可能です。

サービス名:JEbooster

URL:https://lp.jebooster.tv/
運営企業名:日本能率協会(JMA)、アントレプレナーファクトリー

JEboosterは、マネジメント系のコンテンツを中心とした法人向けの動画ラーニングサービスです。日本能率協会が、長年の企業研修で蓄積してきたコンテンツ・ノウハウが提供されている点が魅力です。
500本の研修動画が用意されており、ひとつのコンテンツは約5分と短いことから、隙間時間での学習に向いています。こちらのサービスでも受講管理機能や自社教育コンテンツの登録が可能です。

サービス名:フレッシャーズ・ビュッフェ/マネジメント・ビュッフェ

URL:https://peraichi.com/landing_pages/view/wu782
運営企業名:日本生産性本部(JMAM)

40年以上にわたるビジネスパーソン向けの個人学習支援で培った、日本生産性本部のノウハウがeラーニング化されたものです。
フレッシャーズ・ビュッフェとマネジメント・ビュッフェ、いずれも定額制のWeb個人学習サービスとなっています。
フレッシャーズ・ビュッフェは新入社員・手社員に向けた、仕事の基本スキルを網羅したサービスです。全120のコンテンツを提供しており、1つのテーマが3分と短い点が特徴です。
マネジメント・ビュッフェは、管理職層のマネジメントスキルに特化したもので、全体で39のコンテンツが用意されています。

サービス名:グロービスオンライン企業内研修

URL:https://gce.globis.co.jp/service/online/gce/
運営企業名:株式会社グロービス

オンラインMBAプログラムを提供する株式会社グロービスによる企業向けのサービスです。MBAプログラムを法人向け研修として再設計したものが提供されています。
個人で課題に取り組むだけではなく、オンライン上での議論がプログラムに含まれていることが特徴です。

能力開発を行う企業では翌年のパフォーマンスが高まる

厚生労働省や経済産業省の調査によれば、OJTやOFF-JT、自己啓発支援などに費用を支出した企業では翌年の労働生産性や売上高が高まるといいます。
従業員のトレーニングを行うことは、リターンのある投資であるということがわかります。

新型コロナウイルスによる営業自粛要請などにより、経営状態が苦しい状況下ではありますが、長期的に人材を育成し企業の経営力を向上していくためには、従業員向けトレーニングを実施していくことが重要です。
今年入社してくれた新入社員のためにも、感染症拡大のリスクを抑えながら研修を行う方法について、ぜひ検討してみていただければ幸いです。

狩野 詔子

狩野 詔子

株式会社プロデューサー・ハウス

PROFILE

ライター、コンサルタント
大阪府中小企業診断協会 観光・サービス経営研究会 代表

サービス業・観光業における生産性向上を専門とするコンサルタント。
ヤマハ株式会社、デロイトトーマツコンサルティング合同会社にて、製造業の国内外拠点における業務改善プロジェクトに多数参画。
現在はテーマパーク運営企業にて飲食部門・バックオフィス等の業務効率化を手掛ける。

共著「一人ひとりの『働き方改革』講座」(日本マンパワー株式会社)
執筆記事「サービス業で使える!生産性を上げる『カイゼン』テクニック5選」、「サービス業のマーケティング入門!自社の『7P』を把握しよう」(中小企業庁ポータルサイト「ミラサポ」)ほか多数。

お問い合わせ先
株式会社プロデューサー・ハウス
Web:http://producer-house.co.jp/
Mail:info@producer-house.co.jp

SHARE

おすすめ記事

従業員研修に使える、法人向けeラーニング6選

2020.05.11

従業員研修に使える、法人向けeラーニング6選

あなたの会社はどの段階?「組織のライフサイクルモデル」とは

2020.04.13

あなたの会社はどの段階?「組織のライフサイクルモデル」とは

副業、兼業の解禁に備えて押さえておくべきポイントは?

2020.03.27

副業、兼業の解禁に備えて押さえておくべきポイントは?

資料のご請求や
お問い合わせはこちら