1. TOP
  2. Alibaba JAPAN PRESS
  3. 図書館のイメージが変わる!「セカンドオフィス」として進化するサービスとは
  • 2017.12.14

図書館のイメージが変わる!「セカンドオフィス」として進化するサービスとは

図書館のイメージが変わる!「セカンドオフィス」として進化するサービスとは

図書館は本を借りたり読書したりするためだけでなく、セカンドオフィスとして活用する人も出てきているほど、ビジネスをサポートする場所となっています。進化をとげている図書館のサービスと活用方法を紹介していきましょう。

図書館のビジネス支援とは

文部科学省では公共図書館を通じて幅広い層に情報を提供し、地域経済活性化に取り組む姿勢を公表しています。すでに個々の公共図書館では、新しい試みとしてビジネス支援サービスを提供しているところも見られます。こうした図書館の新しい動きは、特に情報にアクセスする機会に乏しい個人事業者や中小企業に向けて、ビジネスチャンスの可能性を広げる起点にする狙いがあります。

米国やヨーロッパでは、以前から図書館がビジネス支援する事例が多数あり、これを参考に日本でも図書館のビジネス向けサービスがスタートしました。

大企業ほどの独自ネットワークをもたない中小企業や個人にとって、信頼性が高く、さまざまな情報が集まる図書館は、「知的情報拠点」としての役割を持ちます。土日・夜間も開かれており、書籍の専門家である司書が常駐する図書館であれば、起業を始めとしたビジネスの情報収集におおいに役立ちます。

図書館のレファレンス活用で資料集めが効率的に

図書館では調べものの相談に対応する、レファレンスサービスを行っています。図書館の利用者が何かについて調べる際、自力では手間と時間がかかる上、目的の資料に到達できるかどうかもわかりません。膨大な資料群から適切な情報を探りだすためには、専門家の知識が必要となります。

レファレンスサービスではこうした不便さを解消し、より効率的に図書館を利用するため、司書が資料の検索や提供、または情報そのものについての回答を行っています。

例えば起業を志す人が書店で関連書を購入しようとしても、正しい選択をするためには比較検討に時間を要します。次々に発刊される書籍を網羅するのは、一般人ではまず難しいといえるでしょう。資料集めに時間を費やし過ぎては、本末転倒ともいえます。

図書館ではビジネスコーナーを設置し、創業支援などカテゴリ別に必要な書籍をそろえてあります。どのような業種でどのようなビジネスを目指すのかなどの要素から、司書が資料提供に協力してくれるほか、必要であれば専門家への窓口となり、総合的なビジネス支援を実施しています。

ビジネスデータベースへのアクセスや検索指導に加え、定期的な起業家講座の開講、専門家による相談コーナーの開設など、地域の図書館を拠点とするワンストップサービスも展開されています。

ビジネスパーソンに人気がある都内の図書館

●千代田区立千代田図書館
千代田図書館のコンセプトは 「あなたのセカンドオフィスに。もうひとつの書斎に」です。所蔵は19万冊を数え、ビジネスコーナーには日常のビジネスに活用できる資料が充実しています。

午後10時まで開いているため、仕事帰りに立ち寄り、業務上の気になる点を調べるなども可能です。仕切りのあるデスクタイプの席も設置されており、誰にも邪魔されることなく、スキルアップのための学習ができます。

電源やWi―Fiの利用も可能で、オフィスと変わらない環境の中で必要な情報を入手できます。企画書や資料作成などで悩んだ際には、レファレンスサービスを利用して、気軽に関連資料の相談ができるのも図書館ならではの嬉しいメリットです。

●武蔵野プレイス
武蔵野プレイスはカフェが併設された、人気のある現代型図書館です。ワーキングスペースは書斎のように使える有料の個人席で、落ち着いて学習や仕事がしたい場合におすすめです。各席に電源があり、館内無線LANの利用も可能です。

一般利用と登録会員制度があるので、個人の利用頻度に従って選択すると良いでしょう。各種印刷サービスに対応するプリント工房、打ち合わせやミーティングに利用できるワークラウンジもあり、多様なビジネスシーンに対応できます。

●千代田区立日比谷図書文化館
日比谷図書文化館は緑豊かな日比谷公園内にあります。公園を眺めながらの調べものや読書ができ、仕事に疲れたビジネスパーソンの憩いの場にもなっています。平日は午後10時まで、土曜日も7時まで利用できます。

館内のカフェでは本の持ち込みができるので、ランチや休憩などの時間も効率よく活用できます。電源や無線LANサービスはもちろん、iPad館内貸し出しといったユニークなサービスもあります。

ショップは丸善が運営しているので、書籍を所有したいと思ったときには購入も可能です。ビジネス仕様の最新型文具も多数とりそろえており、仕事帰りに立ち寄れば、学習からショッピングまで自在に活用できます。

図書館のサービスを活用すればビジネスの広がりも期待できる

文部科学省の後押しもあり、今、図書館のイメージが大きく変わろうとしています。今後は単なる「本のある場所」から、多彩なビジネスサービスが提供され、人と人とをつなぐ役割も担っていくでしょう。

カフェスペースを併設したり、ワークスペースを備えたりと、居心地の良さに配慮している図書館も増えてきています。いつもは素通りしていた図書館も、のぞいて見れば驚くほどの変化をとげているかもしれません。多機能化している図書館をビジネスにぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

アリババジャパンプレス編集部

アリババジャパンプレス編集部

PROFILE

全国の中小企業経営者様向けに、有益な情報を掲載しています。
当サイトへの掲載をご希望の方は、下記にお問合せくださいませ。
aj-press@alibaba-inc.jp

SHARE

おすすめ記事

公正な人事評価を行うために

2021.05.12

公正な人事評価を行うために

子育て中の女性を生かすには

2021.04.12

子育て中の女性を生かすには

BtoBマーケティングの基本とは

2021.04.09

BtoBマーケティングの基本とは

資料のご請求や
お問い合わせはこちら